忍者ブログ
[60] [59] [58] [57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この漠然とした設問を結いメンバー、そして参加者全員で考える、
それが今回の「貿易ゲームで遊ぼう。フェアトレードVersion」でした。

雨の中、30名を超える方々にご参加戴き、”楽しくて時間が過ぎるのがあっという間だった”
という声が聞けたことを、大変嬉しく思います。有難うございました。

メンバーも1ヶ月前から入念な準備を行っていたので、大変だったと思います。
お疲れ様でした!
イベントの様子です↓





5/23のメンバーのブログに、活動することとしないこと、知ろうとすることとしないこと、
自分はきっと真ん中である。大切なのは、信じて積極的に活動することとありました。

ここで少し、私がフェアトレードに関わっていきたいと思った一つの理由を書きたいと思います。

皆さんは、将来の選択肢がない人が、この世の中には沢山いることをご存じですね。
(様々な観点がありますが、一般的に絶対的貧困と呼ばれる人々が世界では12億人います。(2000年))
私達は、多かれ少なかれ悩みはありますが、不自由なく生活を送ることができ、
自分の努力次第で、ある程度将来の道を切り開くことができます。
人間は傲慢とも言えるのか、私達はそれをなんとなく当たり前のことのように過ごしています。

初めてイギリスでフェアトレードに出会った時、こんなにも人々の生活に密着している
チャリティーは見たことがない!と衝撃を受けました。(実際、慈善ではなく貿易ですが。)
と同時に、やりたいことをさせてもらっている自分が実はとても幸せなんだと再確認させられました。

フェアトレードは確かに様々な問題点もありますが、
私にとっては、一つの商品を通して世界中の人と人が繋がっているということや
日々の有難さを再認識させてくれます。
私はそういったフェアトレードに魅せられてしまいました笑


私たち結いの活動は世界を変えるとは言い難いかもしれません。
しかし、このように啓発活動を続けるということは、
”知る”こと、そしてそのきっかけを与えることであり、
薄れている現代の人々の関係を見直すということです。

私はそれが非常に重要なことだと思っています。
今後も結いでは意義のある活動を続けていけるよう、頑張りたいと思います。

                                                         ゆう
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
カウンター
バーコード