忍者ブログ
[125] [124] [123] [122] [121] [120] [119] [118] [114] [113] [112]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自分は今、雀荘とリサイクルショップのバイトを掛け持ちしているわけなのだが、今日はリサイクルショップで起こったとある出来事を書こうと思う。

その日、僕と後輩くんの二人はあるお客様の買取に入っていた。お客様の品物を査定して伝票に記入し、それを説明して、納得してもらってから代金を渡す。最後にお客様を丁重に見送って、やっと買取終了である。
僕は、ふーっと一息ついでに買取伝票を何気なく眺めていた。ってあれ? 査定した品物と伝票の品数があわないぞ? あわてて後輩くんに確認をとるとやはりというか、ひとつ記入漏れが見つかった。それは、¥50買取の品で要はお客さんに¥50渡しそびれたわけなのだが、駐車場を探してみてもそのお客さんはとっくのとうにお帰りだった。

まあ、¥50ぐらい別にいいっしょ? ガリガリ君も買えないし。なんて考えていた僕は甘甘である。一応社員に報告をと事情を説明したところ、即刻¥50をお届けする宅急便が誕生した。たかが¥50、されど¥50である。心の片隅で面倒くせぇとは思いつつその一方では、これが社会におけるお金の正しい取り扱いなのだなと妙に得心した。今まで色んなバイトをやってきたがそのどれもがお客様とのお金のやり取りに関しては、どこまでも誠実であったからだ。

なにより無事お届けした時にお客様が振舞ってくれた一杯の麦茶とチョコレートはその日の給料に見合うほど価値のあるおもてなしだったし、ありがとう、という感謝の言葉は私達を信頼してくれた証でもあった。

この信頼のために僕は自転車をヒイコラこいできたわけだし、社員さんも僕を容赦なく送り出してくれたのだろう。そして、この信頼のやり取りこそまさに「フェアトレード」なんじゃないかなぁと汗だくになりながら帰り道でボンヤリ考えたのだった。
PR

コメント
無題
最後ムリやりだろ(笑)
【2010/07/30 20:00】 NAME[クキ] WEBLINK[] EDIT[]
無題
突っ込みたいところが多すぎるんだけど(笑)

とりあえずブログ初投稿おめでと^^
おかぴーでした★
【2010/07/31 00:26】 NAME[あすみ] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
カウンター
バーコード